スポーツのひろば

1月7日(日)スポーツのひろば「フロアバレーボール」

スポーツのひろば 「フロアバレーボール」にチャレンジ

1月7日(日) 10時15分~ 15時

吹田市立夢つながり未来館 ゆいぴあ 6階多目的大ホール

フロアバレーボールは全盲や弱視の視覚障害者と健常者が一緒にプレイできるように考案されている、バレーボールを基にした球技。どんなスポーツか、体験をしてみましょう。 講師は、中級障がい者スポーツ指導員 中麻さんです。中さんは現在、パラアスリートとして、陸上競技の選手です。

 どなたでも、パラスポーツに挑戦してください。

12月17日(日)スポーツのひろば―歩く・走る 

冬の万博公園で、ウオーキング・走る・遊ぶ

「3キロを歩く、短距離を走る、広場で遊ぶ」12月のスポーツのひろばです。
その後、民博、遊びなど自由に選んですごします。

集合場所 自然文化園中央入り口、入った所
(自然文化園、民博共に障がい者手帳で本人と介助者1名無料、駐車場も減免あり)

集合時刻 10時。

民博では、広瀬浩二郎民族学博物館准教授の新しい本の出版記念講演
開催時間 14:30~15:15 大人向けですが、子どもの聴講も可能です。
民博HPからの案内文抜粋:『目に見えない世界を歩く』(平凡社新書)新著の内容を
紹介するとともに、視覚障害者が本を書く際の工夫などについて話。「全盲」とは単なる障害ではなく、マジョリティと異なる生き方(行き方)をもたらす異文化です。
ある全盲者の半生をいっしょにフィールドワークしてみましょう。