作成者別アーカイブ: ehon

「おはなし・ほんのひろば」ICT利用のおはなし

 9月29日(土) ゆいぴあ 4階 会議室

午前10時半〜「おはなし・ほんのひろば」 本やお話に出会って下さい                                   1時から 岸本先生のICT利用のおはなし

岸本先生は 福祉情報コーディネーターとして、
フロッグワークスhttp://www.frog-pc.com/自営されています。
hisee! “Working Awards METP受賞
http://isee-movement.org/contest/excellent/1278.html
先天性の両上肢機能障害と弱視を持って出生。2002年関西学院大学社会学部に入学。身体障害者入所施設でパソコン教室のボランティアを行う。09年大阪電気通信大学大学院医療福祉工学研究科を修了、医療機器メーカーに入社。11年に独立開業し、兵庫県視覚障害者福祉協会(兵庫県点字図書館のところ)のICTサポートを担当。
弱視の先輩としても道を切り拓いて来られています。

 

 

8月「おはなし・ほんのひろば」

「いろいろな先輩に出会ってみよう・自分で作るプログム」
ー子ども夢基金助成活動ー

「どんな仕事ができる」「どんな進路がある?」みんなの声に、答える2泊3日合宿(キャンプ)をひらきます。さまざまな学び、さまざまな仕事に携わる先輩。バリアを超える遊びの提供をしてくれる人など、そして、本と出会います。
いろいろなワークショップを用意します。どれに参加するかは、自分が決めよう。
自分の知りたいこと、自分のやりたいこと、読みたい本をみつけての2泊3日
日時:8月3日(金)4日(土)5日(日)
場所:神戸市しあわせの村 野外活動センター あおぞら
参加の仕方は、3日間の参加から、日帰り参加もOKです。
参加費 無料

合宿 第1日目 8月3日 集合 10時半 あおぞら、ミーテイング室
*参加者みんなで、自己紹介
宿題 だれかにインタビュー、録音か、メモしてまとめる。子どもも、大人も最後に発表
*お昼ごはん
*金子修さんと名札つくり―自分を表すマークを考える(音やさわってわかるもの)
*3時からお部屋に入って、まずは、場所を覚える
*先輩のワークショップの始まり
*5時から晩御飯〜45分まで 体育館への移動。
*6時から9時まで 貸し切り体育館で、パラスポーツ 入浴、就寝
合宿 第2日目 8月4日
*先輩ワークショップの始まり 朝飯前にスポーツから
*みんなで朝ごはん
*みんなでワークショップ
*11時から みんなで作ろうお昼ごはん 飯盒炊さん
*みんなでワークショップ
*夕食 入浴 キャンプファイアー  就寝

合宿 第3日目 8月5日
*先輩ワークショップの始まり 朝飯前にスポーツ
*みんなで朝ごはん
*残りのワークショップ
*子どもたちの先輩のお話の紹介、自分の感想を発表
お問合せ 電話(担当田中)090-4642-5662、メール wanpaku.jyakushi@gmail.com
● 宿泊 子どものみ定員 20名
●申し込みでは、名前・連絡先(電話・メール)住所・年齢・障害者手帳(種類)お知らせください
保険加入の為、年齢が必要です。
fax 06-6835-1512 ℡ 090-4642-5662 メール wanpaku.jyakushi@gmail.com
郵送の場合  吹田市垂水町3-21-7-1005 NPO法人弱視の子どもたちに絵本を